ウィッグ鑑賞

コスプレ好きには、アニメやコスプレ鑑賞以外にも好きなことがあります。
それは何かというと、ウィッグ鑑賞です。
ウィッグは、コスプレでキャラクターになりきる際に、着る服以上に重要です。
雰囲気を左右するのは、確実にウィッグだと言えます。
地毛のままで良いキャラクターは早々いません。
ということは、我々コスプレイヤーにとってウィッグは必要不可欠と言えるでしょう。
私も、まだコスプレを始めたばかりですが、6つは持っています。
汎用性が効くのは黄色とロイヤルブルーですね。
色だけでなく、髪型にも左右されるので、今後コスプレをしていく上で数は相当増えることが想定できます。
ウィッグを売っている所は様々ありますが、使い心地とコスパを考えた時に、どんな選び方をしたらいいか悩みます。
これからウィッグを買おうかな、と思っている人の為に、選び方を簡単にご説明したいと思います。

ちなみに、ウィッグはコスプレ以外にも使う用途はさまざまありますよね。
例えば、学校が厳しくて髪の毛が染められない人にとって、髪の毛を茶色くするのは憧れです。
そんな人が、学校に行く時だけ黒髪ウィッグをかぶる時にも有用ですね。
もしくは私生活のみ髪色をウィッグで楽しむという選択です。
後者の方が健全でしょう。
厳しい学校に通っているお子さんをお持ちのお母様は、是非お子様にウィッグをおすすめしてみてください。

ウィッグがなにがいいかというと、自分の髪の毛にはなにも変化を与えずに新しい自分と合えるという事です。
鏡を見るたびに、いつもと違う自分が写っていて、さぞかしテンションが上がるでしょう。
ファッションアイテムの一つとして認識されたおかげでウィッグ業界は盛り上がりを見せました。
現在では、とにかく安いウィッグを ということで、消費者もメーカー側も価格で競争するようになっています。
その恩恵もあずかって、安いお洋服とそこまで変わらないお値段で、ウィッグを楽しめるようになりました。
昔は何十万 という価格帯だったので、業界にとっては大きな影響になったでしょう。
現在は完全に、質より量 という市場になっています。
ウィッグを選んでいく中で、自然でバレないウィッグであることも安さと同じで確実に求められています。
薄毛で悩んでいて、ウィッグを利用している方にとっては余計そうですね。
ポイントはつむじ が自然なことです。
コスプレをするにしても、安っぽさが見えないウィッグをつけていると、一目おかれる存在になるかもしれません。